アイテックインターナショナルの勧誘のコツは?調査してみました。 

アイテックインターナショナルと聞くと、化粧品や水素水関係の機械販売会社と思い浮かべる方も多いでしょう。 

アイテックインターナショナルの商品はとても良く、基礎化粧品に関しては人気がとても高いです。 

リピーター率の多い、アイテックインターナショナルンの目玉商品となっています。 

 

そんなアイテックインターナショナルは広告などでの宣伝は一切やっておらず、ネットワークビジネスを主流に人気を広げています。 

フランチャイズ契約した企業や個人が、その人の人脈を使い営業をかけて商品を広めていくという方法です。 

 

しかし、ネットワークビジネスにあまりいいイメージが無い方も少なくはありません。 

 

今回は、アイテックインターナショナルの販売方法と、勧誘のイメージ、勧誘がうまくいくコツについて詳しく紹介していきたいかと思います。 

 

アイテックインターナショナルの商品販売方法。 

人気の高い基礎化粧品はもちろんのこと、水素水関係の機器や商品の取り扱っているアイテックインターナショナル。 

その販売方法はネットワークビジネスと言われていますが、どのようなものなのでしょうか。 

 

それは、フランチャイズ契約した個人が、その個人の知り合いや関係者へ宣伝し、購入してもらうという手法です。 

最近ではネイルサロンや、マッサージ、エステ、接骨院など体の美や健康のサポートをしているお店でもフランチャイズ契約を交わし、お客様に宣伝して販売しているという場合もあります。 

 

ただし、その宣伝活動も結局は「勧誘」になってしまいます。 

勧誘があまりにしつこいと「勧誘されるから嫌だ」などと思われてしまいます。 

個人になると急に化粧品を進めてこられた場合、驚きから怪しいと思ってしまう方も少なくはありません。 

また、ねずみ講と勘違いされ、話すら聞いてもらえないという場合もあります。 

 

店舗よりも、個人が苦戦する勧誘。 

店舗ならば少なからず、試供品を試してもらったり、美や健康のプロフェッショナルが進めてくれるので安心感もあります。 

そのため、勧誘を勧誘と感じずにすんなりと話を聞いてくれたり、試供品を試してもらったりできるわけです。 

 

個人の場合、まずは自分の人脈から勧誘活動を行っていきます。 

知り合いや友人などに急に化粧品の話をされれば、確かに「怪しい」と思ってしまいますよね。 

美や、健康のスペシャリストであるエステティシャンや整体師さんとはまた違います。 

個人がなぜこのような勧誘活動をし始めたのか…と考えると多くの方は 

「怪しいものに入ったのではないか」 

「もしかしてねずみ講!?」と構えられてしまうのです。 

下手すると、その方の中の良かった友人や同僚、知り合いなどから一線置かれてしまう事も多いはずです。 

店舗と個人では勧誘のハードルがこれだけ違います。 

そう考えると店舗などでの販売はとてもいい勧誘スタイルなのではないかと考えられますね。 

 

アイテックインターナショナルの商品を売りたい”個人”の場合 

では、個人の場合まずどのように勧誘を行っていけば結果につながっていくのでしょうか。 

それにはいくつかコツがあるといいます。 

 

1.アイテックインターナショナルの製品について詳しくなる。 

フランチャイズ契約をした方の中の大半はまず、安くこの商品を使えて、プラス儲けたい!という下心がある方が多いです。 

「儲けたい」という願望はやはり勧誘する際にはしつこくなってしまったり、自分よがりの宣伝になってしまう事が多いです。 

そんな心はまず置いて…。 

アイテックインターナショナルのことについて詳しく調べたり、商品がどのように作られたのか知ることを怠ってはいけません。 

商品に思いっきり興味もち、愛して、アイテックインターナショナルマニアになることをお勧めします。 

そうすれば、商品の説明もより濃いものにできますし、話を聞いてくれた方も「この人は良く知っている!話だけでも聞いてみようかな」と安心してくれることでしょう。 

 

2.その人の困っていることを解決する

まず、なんでもそうなのですが、商品を買うにあたって人は 

  • これがあると便利になる 
  • あの問題が解決する 

などといった悩みや不便さの解決のために物を買うことが多いです。 

アイテックインターナショナルの商品は主に化粧品です。 

肌の悩みは無いか、解決したいと思っているか 

それらの勧誘相手個人の悩みをしっかりくみ取れる人が勧誘を成功させています。 

話を聞いてくれる方というのはそんなに現れないものです。 

また、購入した人も同じくフランチャイズ契約をしたいという方も出てくると思うので、ビジネスに向いていると思われる方にまずは声をかけてみるという手も一つあります。 

結構心理学が強いのが勧誘なのです。 

 

3.信頼関係や、安心感、人格改善が必要。 

また、勧誘で失敗する方は、相手の話を聞かずに商品の説明ばかり行う方が多いです。 

②でその人の悩みや問題を聞き出せたとしても、そこから相手の話に寄り添う姿勢を見せなければ勧誘は成功しません。 

相手の話を親身に聞き、しっかりと心に寄り添うことをおすすめしています。 

また、信頼関係を築いた相手にしか自分の悩みや相談事を話したくないものです。 

まずは、相手の心を開くためにコミュニケーションをしっかり取っていくことが大事なのです。 

 

そのために、コミュニケーションの場としてイベントを開催したり、人の喜ぶような場を提供したり 

自分の行動でまずは億の人に喜んでもらおうと企画して運営している個人の方も多く存在します。 

そこまでしてしまうと、最初いくつかの時間やお金を投資しなくてはならなくなります。 

しかしそれがしっかり成功すれば、多くの方との信頼関係が生まれますよね。 

気が付くと、多くの方に話を聞いてもらえたり、商品に興味を持ってもらえたり。 

購入につながったという方も少なくはありません。 

 

以上3点を行うことにより勧誘はとてもスムーズなものとなります。 

まず頭に儲けや結果を置くのではなく 、たくさんの方とコミュニケーションを取り、より良い人間関係を繋いでいった先に結果があると考えた方がいいのかもしれませんね。 

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか。 

今回はアイテックインターナショナルの宣伝方法や、勧誘がうまくいくコツなどを紹介させていただきました。 

確かに、自分が勧誘される側だとしたら、商品の説明を急にされれば怪しく感じてしまうなと納得しました。 

多くの方との繋がりを大事にしながら、コミュニケーションを取り、人脈の拡大をしていきながら勧誘するのがベストなのかもしれませんね。 

ネットワークビジネスとなると誤解される方が多いのかもしれません。 

しかし、きちんと日本の法律に違反していない立派な販売方法なのです。 

その販売方法によってここまで人気の会社になったと考えると、かなりの努力企業なのではないかと感じました。 

アイテックインターナショナルの勧誘を頑張ってもなかなか成果が出ない方は、今一度初心に帰り、人間関係の構築からスターとしてみるといいでしょう。 

 

勧誘には長い目が必要なのですね。 

焦らず行きましょう。 

読んでいただきありがとうございました。 

最新情報をチェックしよう!